読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

牡蠣鍋

f:id:yadousan:20161017202440j:plain どうしても鍋料理が食べたくなり夜にも関わらず土鍋を買いに行った。その帰り道何処からとも知れず金木犀の香りがしてきた。何故か懐かしく思い出も甦り、一人鍋の感覚と相まって一句。一人鍋夜道で香る金木犀。連絡を待ちます。